知財紛争に関する司法判断や近時の知財トピック等について、各国の法曹関係者や審判官が模擬裁判やディスカッションを行う「国際知財司法シンポジウム」を今年度も開催します。
6回目の開催となる今回は、日米欧における知的財産紛争解決に関する最新の議論と課題について、充実したプログラムを提供する予定です。

開催日

2022年(令和4年)10月27日(木)
2022年(令和4年)10月28日(金)

プログラム

  

10月27日(木)14:00~17:30
裁判所パート ~模擬裁判とパネルディスカッション
①複数主体による特許権侵害の国際比較
②民事紛争解決手続の多様化とその課題

10月28日(金)14:00~18:00
特許庁パート ~講演とパネルディスカッション
①特許権に対する無効・異議制度の実情
②仮想事例に基づく訂正要件判断の国際比較

【パネリスト】日本、アメリカ、イギリス、ドイツ、欧州特許庁の裁判官・弁護士・審判官
【言語】日本語・英語(日英同時通訳)

ページトップへ移動